副業は稼げない?本当のところは…

NO IMAGE

副業と言ってもさまざまな仕事がありますよね。ネットに繋がれば月100万円稼げるとか簡単に稼げるとか。また、このサロンや商材等を見て勉強すると稼げるようになると沢山出てきます。非常に怪しいですが。一方、従来からの労働型の副業は、ここ10年以上の最低賃金の上昇から時給1000円以上(東京都)で働く事ができます。雇われればすぐに稼げるのは労働型のバイトなどの副業だと思います。時間給なので、月10時間働けば1万円は貰えます。サラリーマンであれば、1万から5万程度の収入を得る事は可能だと思います。問題点は時間を取られる事と実際に働いてみると労働基準法や同じようにバイトも増えて人の足りない時間の関係上、がっつり働かせて貰えないケースが多いです。

日本国内で考えると人の不足している地域、職種は緊急を要するレベルまで落ち込んでるにもかかわらず、仕事内容、賃金、場所等(地方が多い)の条件職を求めてる人々は都心など人の多い地域多くマッチングが難しい状況となっています。都心で働くサラリーマンが地方のバイトに行く事は難しいですよね。

今までの事を聞くと副業には大変な壁があると感じるかもしれません。

しかし、近年の働き方改革で時間と給料、特に給料が少なくなって困っている人は増加しています。残業代が減って基本給に変化はないのがその理由です。またデフレと言われていますが、実は食品をはじめ様々な物の値段(物価)は上昇しています。

結果、副業をした方が良いのか考えるより先に、まず副業しなくてはという雰囲気になりつつあるような気がします。実際副業解禁する企業の増加がそれを示しています。

それでも副業やるなら稼げるものを選びたいですよね。そこで今回は自身のスキル、やる気などからマッチングする仕事が見つかるように紹介してみます。